プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
桜文鳥の「はると」(メス)の飼い主です。
なんと初めてのたった一羽の文鳥体験中。

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村                 

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

戦争とスズメ

スズメと文鳥は、同じスズメ目科の小鳥。

そのため身体つきや仕草が似ていて可愛いのですが、第二次世界大戦中や終戦直後は日本人もスズメを大量に食べたそうです。
少し前までもスズメが食用に流通してはいたようですが、戦後の食糧難の時代には貴重な栄養源として比較にならないほどの量だったとか。

先日8月6日。
NHKラジオ第一で、広島原爆投下後に原爆孤児となった男性のドキュメンタリー&ドラマが放送されました。

毎日スズメにエサをやっていて、野生のスズメたちが手に乗ってくるほど懐いている「おじさん」のお話です。

でも戦後は子どもが一人で生き延びるため、闇で仕事をもらい、スズメの首を果てしなく折り続けていたそうです。
今はスズメにエサをやっているけれど、それはスズメへの贖罪と恩返しとのこと。

ずしんと心にくる番組でした。

興味を持たれた方は、ぜひ聞いてみてください。

NHK「らじるらじる」の「聞き逃し番組」から、
8月13日 23:59まで無料で聞けます。

「NHK広島開局90年 原爆の日ラジオ特集 スズメ ~あの日からずっと一人じゃけぇ~」
http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=P000099_01
(らじるらじる・ブラウザで聞く場合)

他にも、スマホアプリの「らじるらじる」でも聞けます。



にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

    

     


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫